ABOUT

片づけと収納、インテリアで住み心地をよくするお手伝いをしています。



elico


青森県八戸市生まれ。

幼い頃は夏はザリガニ釣り、冬は田んぼスケートリンクでスケート授業…そんなところで育ちました。

プラモデルを作ったりラジオを作ったり、内向的で物づくりが好きな子でした。

『住宅』との出会いはTV番組、渡辺篤史の建もの探訪。

小学校卒業時にアルバムに書いた将来の夢は『市内をまたにかける建築家』。

雑貨と車好きの中高校生時代を通り、工業デザインの勉強へ仙台へ。

楽しみは居酒屋巡りとドライブと自然遊び。ジムニーでよく山や海へよく出かけました。

どんな時も自然はパワースポット。今でも部屋の中に植物を欠かすことはありません。


20代後半、仕事で手指の皮がずるずるにむけて治らず、生活困難になり八戸の実家に戻りました。

しばらく廃人のような生活をしていましたが実家の整った環境で充電することができ、その後社会復帰。

心と部屋はつながっている、部屋が整っていると心も整うものですね。


きれい好きで掃除上手な母のもとに育ったのにもかかわらず、片づけ掃除が大の苦手。

ホコリがたまる一人暮らしの部屋でしばらく窓もろくに開けないような生活を送ること10年以上。

実家に戻ったことと住宅の仕事に就いたことをきっかけに整理収納を学び、きれい!とは言い切れませんが人に見せられるくらいの部屋になりました。

散らかっている時があってもそれは「暮らしていると実感できる時」と思えば大丈夫。

整い過ぎているよりも少し崩れているくらいがちょうどいい。

今はとても居心地がいい、ちょうどいい塩梅です。


整理収納とインテリアで人生は変わるし変えられる。

たまに激流にぶつかるけど、ゆるくおだやかに楽しく生きていきたいです。


インテリアコーディネーター

住空間収納プランナー エキスパート

整理収納アドバイザー

風水アドバイザー

照明コンサルタント

色彩コーディネーター



将来の夢

自宅の一角にビールサーバー付きカウンターを設置して気まぐれ小料理屋を開くこと。


略歴

高校卒業後、仙台へ

工業デザインを学ぶ(モノ・住空間・陶芸)

様々な職場で働く

雑貨店・画材店・飲食店勤務、八戸に戻ってからは事務職・IT系・工務店・新築・リノベーション会社

IC資格取得

CADスクールに通う

2008年 住宅業界に転職

    家事動線と収納相談・プラン、インテリアコーディネート担当

2018年 片づけ・収納+インテリア 暮らしコンサルティング始める